• No : 2061
  • 公開日時 : 2012/10/09 15:31
  • 更新日時 : 2018/04/11 12:23
  • 印刷

防水性能について知りたいのですが?【P-06C/P-04C/P-02C/P-06B/P-10A】

回答

以下の仕様です。

携帯電話の防水性を高めて、生活の中での利用シーンを広げることが目的です。

【概要】
  • 入浴中にワンセグを見たり、濡れた手で着信に応答するなどの使い方ができます。
  • 水中使用を目的にした製品ではないので水中カメラとして使ったり、水遊びなどには使えません。
  • 外部接続端子カバー、リアカバーをしっかり閉じ、隙間や浮きがない状態でご使用ください。
【参考】
  • 防水機能は、実際の使用にあたって、すべての状況での動作を保証するものではありません。
  • ご使用中に落下衝撃を与え変形した製品は防水性能が低下するので、ご注意ください。
  • 常温の真水、水道水以外の液体に浸けないでください。
【防水の規格】

防水性の限度を規格で表しています。

工場から出荷された状態で常温、常温水道水で以下のどちらかの試験に1回合格するというのが試験規格の趣旨です。

  • IPX5 (旧JIS保護等級5)
内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5リットル/分の水をあらゆる方向から最低3分間注水しても、電話機としての機能を保つことを意味します。
  • IPX7 (旧JIS保護等級7)
静水で水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、内部に浸水せず、電話機としての機能を保つことを意味します。