• No : 3091
  • 公開日時 : 2012/10/09 15:31
  • 印刷

【P-03D】 microSDカード規格について知りたいのですが?

回答

以下のような仕組みです。

【概要】

microSDカードはデジタルカメラ、FOMA端末などの携帯機器やテレビなどの家電機器まで幅広く利用されているフラッシュメモリカードの一種です。

  • microSDカードには著作権保護機能があって、著作権がある音楽ファイルやビデオなどを保存することができます。
  • FOMA端末からmicroSDカードへの読み書きはこの規格に準拠します。
  • 静止画などをパソコンからmicroSDカードへ書き込みFOMA端末で表示させるには、microSDカードへ書き込む際に各種規格に準拠しなければなりません。
  • microSDカードのフォーマッティング(初期化)は必ずFOMA端末側の機能を使ってください。microSDカードの規格に準拠したフォルダがカード内に作られます。

【仕様】

パソコンを使ってmicroSDカードの中身を書き換える方のために仕様の一部を紹介いたします。主なmicroSDカード内のフォルダは以下通りです。

  • DCIM:写真用のフォルダ。
  • SD VIDEO:動画用のフォルダ。
  • SD AUDIO:SDオーディオ用のフォルダ。
  • PRIVATE:アプリケーションに関するデータ用のフォルダ。メロディー(RINGER)、トルカ(TRUCA)、デコメ(DECIMG)、PC動画(MOVIE)、PDF文書(DOCUMENT)、その他。
  • SD PIM:SD PIM用のフォルダ。
  • SD BIND:iアプリや移行可能コンテンツ用のフォルダ。

ファイル名や拡張子のつけ方には決まりがあります。予め、FOMA端末側からmicroSDカードにサンプルとなるファイルを保存してからパソコンでフォルダ配置、ファイル名、拡張子を確認する方法が分かり易いでしょう。

【参考】

  • FOMA端末では機器間で互換性が取るために「SD規格」、「DCF規格」に従っています。
  • 「SD」はSecureDigitalの略で、著作権保護に対応したメモリーカードの規格です。例えばmicroSDカード自体の形状、性能、機能はSD規格に規定されています。
  • 「DCF」はDesignruleforCameraFilesystemの略で、デジタルカメラ等のファイル互換性を確保するためにメモリーカード等にどのように記録するかの規格です。例えばmicroSDカードの中のDCIM以下のフォルダ配置構造はDCFの規格で決まっています。